FRENDY

核データ処理コードFRENDY第1版のダウンロード

FRENDY:FRom Evaluated Nuclear Data librarY to any application

最新版

引用すべき参考文献

K. Tada, Y. Nagaya, S. Kunieda, K. Suyama, T. Fukahori, "Development and verification of a new nuclear data processing system FRENDY," J. Nucl. Sci. Technol., 54, pp.806-817 (2017). https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00223131.2017.1309306

ライセンス (2条項BSDライセンス準拠) 及び著作権

Copyright 2019, Japan Atomic Energy Agency (JAEA) All rights reserved.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

  1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.
  2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE COPYRIGHT HOLDERS AND CONTRIBUTORS "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE COPYRIGHT OWNER OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

日本語訳 (参考)

著作権:日本原子力研究開発機構 (JAEA)

以下の条件を満たした場合、変更の有無にかかわらず、ソースおよびバイナリ形式の再配布および利用を許可します。

  1. ソース・コードの再配布は、上記の著作権表示、1.、2.の条件項目、および下記の免責事項を保存しなければならない。
  2. バイナリ形式の再配布は、上記の著作権表示、1.、2.の条件項目、および下記の免責事項をその配布に付随する説明書、あるいはその他の資料のいずれかに明記しなければならない。

このソフトウェアは「このままの形で」提供されるものとする。明示的あるいは言外の保証は、商用利用および特定目的への適合に対する言外の保証も含み、またこれらだけに限らず、ない。たとえ以下のような損害の可能性を示唆されていたとしても、どのような形においてもこのソフトウェアの利用から発生した問題において、この著作権者は、(代替製品やサービスの調達、利用権、データ、あるいは利益の損失、あるいは営業の中断を含む、またこれらだけに限らず)直接的に、間接的に、偶然に、特別に、懲罰上、あるいは、必然的に生じてしまった損害に対し責任を負わず、いかなる場合でも契約の有無に係わらず厳格責任はなく、また(過失あるいはその他を含む)不法行為に対しても責任を負わない。